光目覚ましテレビこの差ってなんですか?

まだ大音量の目覚まし時計で朝起きていますか!?

最近では、科学的根拠をもとに人間のメカニズムを考えた方法で朝起きる方法が注目されているのです!

TBSテレビ「この差ってなんですか?」2016年7月24日日曜日18:30~の2時間30分スペシャルでも、朝に光を浴びることの重要さが紹介されました!

番組では、右下の横向きに寝るのがしっかり寝て朝疲れがとれる寝方と解説されてましたね。

しっかり寝たのに朝だるいし、疲れがとれない原因は「イビキ」なのです。横向き寝だと「イビキ」をほとんどかかなくなるので疲れが取れるということ。

しっかり熟睡感がもてる方法でもうひとつ重要なのが、ズバリ!

「朝の光」

現代では、光で起きる!光目覚まし時計で朝起きるのがとても効果的なのです!

TBSテレビ「この差ってなんですか?」では、81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)intiという商品があるということも紹介されました。

▼▼目覚まし時計は”音”から”光”の時代へ!最先端の目覚まし時計とはinti

inti
inti

すでに、快眠照明設計事務所のコラムブログでも何度も紹介しています。

Sponsored Link

TBSテレビ「この差ってなんですか?」朝に疲れが取れている人、朝に疲れが取れていない人

光目覚ましこの差ってなんですか?

十分睡眠をとっているのに朝起きたとき「疲れが取れているいる人といない人」の差は、いったい何!?という問いに対する回答をもう少し詳しく書いておきます。

この差は「寝る時の体勢」ということをメインに解説されてました。

イビキが疲れを取れなくしている原因となっている可能性があるので、イビキをよくかいているという方は、寝る姿勢を横向きにすると良い!

なぜなら横向き寝は、気道が狭くならないのでイビキをかきづらくなるからです。

横向き寝でも、身体への負担を軽くしてくれるのは、体の右側を下にする寝方です。胃の出口を考慮すると、右側を下にすることが消化を助けてくれて便通にも質の良い睡眠にも良いのです。

しかし、パネラーの土田晃之さんが

「僕は、右側を下にして横向きに寝ていてイビキもかいてないのですが、それでも朝疲れている時があるのはなぜ?」

という質問をしました。

その質問に専門家ゲスト解説の梶本修身先生は、目覚めが悪くなる原因として、大音量の目覚まし時計を挙げらたのです。

やはり、大音量で起きるというのは、驚いて起きるので神経によくないのです。血圧も上げますし、心拍も上昇。そして、人は緊急事態発生したということで慌てることになります。

そうすると、熟睡感が得られず質の良い睡眠を台無しにしてしまう原因になってしまうのです。

そこで、目覚めは「光=太陽の光」で自然に起きるのが1番良いのです!

睡眠の深いところから徐々にまぶたの上からでも人間は光を感じるので、すこしずつ眠りが浅くなってくるのです。

だから、ゆっくりと覚醒に向かいますので、血圧も心拍数も上昇せずに起きられるという訳なのです。

日の出が遅い時期の朝や天気が悪い朝でも、光目覚ましinti(インティ)intiがあれば、体に自然な形で起きられるということになります!

睡眠は奥深いので、様々な要素があります。

その中でも「光」=「照明」が、重要なポイントを占めてますよ!と訴えているカイミン照明設計事務所。というか、睡眠専門家の先生達もみなさんおっしゃっております。

この「光」が睡眠のカギを握っている!

人工光=照明が発達してきた時から、人間の生活が夜型になってきているのは紛れもない事実。

夜に照明がなければ現代では生活できないと言っても過言ではないですので、その照明の使い方を工夫して我々人間が健康な生活を送りましょう!ということになるのです。

Sponsored Link

夜はオレンジ色の照明光で暗め、朝は太陽光か白い照明光で明るさMAX!

オレンジ色の光が快眠を誘う

照明の明るさと照明光の色を意識すると、ぐっすり眠る方法のひとつになる!ポイントは、寝る2時間位前から

  • 部屋の明るさを暗めにする!
  • 照明光の色もより赤い色に近い色(電球色)を選ぶ!

ということでしたよね。
詳しくは⇒熟睡できないのは寝る前の照明の色が原因!今日からできる照明見直し術 よりどうぞ♪

また、朝は太陽光を朝起きてすぐに浴びる!ということがポイントと書きました。

そのためには、カーテン全開にして太陽光を浴びる。天気が悪くて暗い時やカーテンを開けれない場合は、人工光=照明器具で対処する。

このあたりを意識してあげると、夜に自然と眠くなる可能性が高くなります!という事なのです。

こういう光のコントロールをしてあげることで、質の良い睡眠をとれることに繋がります。

ということで、朝起きたとき「疲れが取れているいる人といない人」の差が出来ますよ~ということになるのです。

Sponsored Link

TBSテレビ「この差ってなんですか?」では、大阪市立大学の梶本修身教授が専門家ゲスト解説

大阪市立大学の梶本修身教授は、慢性的な疲労を専門とする東京疲労・睡眠クリニックの院長でもあるのです。

国内で唯一、疲労医学を専門に研究する大阪市立大学医学部疲労医学講座と連携し、疲れの原因を科学的に解明し、疲労度を客観的指標で測定して、個人に合った疲労回復法を教えてくれるということ。

まさに「疲れ」の専門家の先生なのですね。

  • たけしの家庭の医学(テレビ朝日)
  • ためしてガッテン(NHK)
  • サイエンスゼロ(NHK)
  • あさイチ(NHK)
  • たけしのテレビタックル(テレビ朝日)
  • 所さんの目がテン!(日本テレビ)
  • 中居正広のミになる図書館(テレビ朝日)
  • 林修の今でしょ!講座(テレビ朝日)

といったメディアにも多数出演なさっています。

著書も多数ありますので、詳しく知りたい方は参考にすると良いかと思います。

TBSテレビ「この差ってなんですか?」2時間30分スペシャル 7/24

2016年7月24日日曜日18:30~のTBS「この差ってなんですか?」2時間30分スペシャルを観たり、快眠照明設計事務所のコラムブログで睡眠と光・照明について、もっと知識を深めて、明日からの睡眠に差をつけて健康に生活しましょう!!

ちなみに、「この差ってなんですか?」のテレビ番組サイトのリンクはっておきます。

この差って何ですか?|TBSテレビ

「眠れない」のは照明が原因だった!?

照明が部屋を明るくするだけと思っていたら大間違い!!

快眠照明アドバイザー快眠照明アドバイザー

カイミン照明設計事務所のミッションは、「眠れない」のは照明が原因だった!?よりどうぞ!

Sponsored Link
光目覚ましinti
光目覚ましinti

よろしければ応援よろしくお願いします!!

みなさんの応援が記事更新の励みになります!

応援クリックお願いします!

快眠照明アドバイザー快眠照明アドバイザー

ダブルしゅふブログ|育休取得で「主夫」開眼!札幌子育て&家事シェア日記にも遊びにきてください!只今「主夫」真最中!!

光目覚まし時計新商品【 inti4 】インティ・フォー予約受付開始!

朝、起きる時どうしていますか?
「音?バイブ?自然に?」
その起き方、ストレスまで一緒に起こしていますよ。

ストレスなくスッキリ起きるなら光で起きる事が本質です。これは人生を変えてくれるアイテムとしてむしろ安い買い物になりますよ!

Sponsored Link
inti4b