明るく白い光の部屋

眠れない、熟睡できない、快眠したい!などの不眠の原因のひとつとして、寝る前の部屋の明るさが原因の一つと書きました。


これは、メラトニンという眠りに関係するホルモンが、寝る前に明るい所に長時間いると抑制されてしまうということでした。

お部屋の明るさの他に、もう一つメラトニンが抑制される条件があるのです!

それが、部屋の照明の光の色です。

赤い光の部屋

結論から申しますと、寝る前の照明光の色はオレンジ・赤っぽい色が望ましいのです。

白い色の光に含まれる青色の波長がメラトニンを抑制してしまうのです。

オレンジ色の光は、メラトニンの分泌抑制作用が低減される傾向が見られるのです!

ですから、家の光の色がよくあるオフィスの光と同様に白い光であるならば、明るさと合わせてぐっすり眠るのに妨げになっている可能性があります!

さらに、熟睡できない原因のひとつかもしれません!

家の照明って部屋を明るくするだけだと思っていませんか!?

実は、睡眠や健康にも影響を少なからず影響を及ぼしているのです!

なんとNHKあさイチでも睡眠と照明の関わりについてを放送していましたよ。
関連ブログ記事⇒あさイチの照明術に感動!電気代節約・睡眠・目の悩み・安らぎを叶えてくれる!
Sponsored Link

あなたのリビング照明の光の色はどんな色でしょうか?

蛍光灯で言うと、

  • 昼光色(青白く涼しい光 6,700K)
  • 昼白色(白いクリアな光 5,000K)オフィスの光
  • 白色(白い光 4,000K)
  • 温白色(ナチュラルで過ごしやすい光 3,500K)
  • 電球色(オレンジの光 2,700K)レストラン・カフェ・ホテルなど

実はこれだけの種類があるのです。

日本の家庭の半分以上が、主な部屋の主照明が白い色の光という調査結果があるそうです。

それ位日本では、住宅にも白い光が好まれているのです。

あなたのご家庭はどうですか!?

日本の家庭に白い色の光が多い理由としては、

良く言われるのが日本の高温多湿の気候が影響しているとのことです。電球色に比べ白い光は涼しい感じがするので自然と受け入れられるようになったのでしょう。

また間接的ではありますが、日本はエネルギー資源の自給率が低いことも関係していると思います。そのため白熱電球に比べエネルギー消費効率の高い蛍光ランプの普及が、他の先進国に比べ進みました。なかでも電球色よりも見た目で明るく感じる白色系の光色が好まれてきた、と推測されます。

しかし、日本経済が高度成長期を終え始めた頃から、徐々に住宅照明の光色に変化が現れてきています。それは集合住宅などの窓明かりを見ると良く分かります。特に都市部の新しい家々は電球色の温かい光が窓から外に漏れている様子が伺えます。

という事が言えるようです。

その他にも私が、会社員時代に様々な方のセミナーや講演会で耳にしたことは、高度成長期時代での某メーカーの蛍光灯推進テレビコマーシャルの影響。

スーパーやドラックストア、コンビニの店頭に並んでいるのが青い色のパッケージの昼光色のものしかない。という事も聞きました。

東芝 ネオスリムZ PRIDE(プライド) 環形「サークライン」 27形+34形 3波長形昼光色 FHC27-34ED-PDL2PN

実際に、今でも蛍光灯のサークライン(丸型蛍光灯)では、近所のスーパーの店頭に並んでいるのがなぜか昼光色と昼白色なのです。

電球色はなかったですね。

さすがに、白熱球が製造中止になった今は、LED電球では電球色が置いてありましたよ。

蛍光灯では、まだまだサークライン(丸型蛍光灯)が多いのが事実。

そうすると、ランプ切れになるとすぐ近くのスーパーなどで買う場合が多いので、なかなか電球色にならないのも理由のひとつかもしれませんね。

<LEDシーリングだと光の色を自由に変えれます!>
関連ブログ記事⇒マンションのリビング照明が暗い時に役立つLEDシーリングの選び方
Sponsored Link

スムーズな眠りには夕焼けのような赤い色の光が効果あり

白熱電球

白い光よりオレンジ色の光。さらに、オレンジでもより赤に近い色がメラトニン分泌の抑制効果が大きいという実験結果があります。

照明学会誌 第93巻 第3号 平成21年 光とメラトニン によると、

昼白色5000Kと電球色3000Kと電球色2300K(一番赤に近い色)の蛍光灯を12人の健常者に対して、深夜1時から2時半まで顔にあたる光の照度200ルクスに設定して実験したところ、電球色2300K(一番赤に近い色)の蛍光灯が一番メラトニン分泌の抑制が少なかったという結果になったそうです。

この結果からもわかるようにやはり、睡眠前の照明に関しては、白熱灯の光が望ましいのですね。

それも、白熱灯を調光(暗く)した時の赤い光が良いのです。

あの白熱電球独特のリラックス光です。

しかし、白熱球はエネルギーやCO2増加問題によって、生産中止。

今では、LEDか蛍光灯の電球色が一番睡眠の前に望ましい光なのです。

Sponsored Link

【まとめ】熟睡するために有効な部屋の照明とは?

照明の明るさと照明光の色を意識すると、ぐっすり眠る方法のひとつになる!

ポイントは、寝る2時間位前から

  • 部屋の明るさを暗めにする!
  • 照明光の色もより赤い色に近い色(電球色)を選ぶ!

パナソニック パルックプレミア蛍光灯 丸形・スタータ形 32W+40W(2本セット) 電球色 FCL3240ELH2KF

白い光で明るさを暗めにすると、陰気くさいお化けがでるような気味悪い空間になってしまうので、雰囲気的にもオレンジの光=電球色で暗くするのが良いですね。

パナソニック LED電球 一般電球タイプ 広配光タイプ 6.6W (電球色相当) E26口金 電球40W形相当 485 lm LDA7LGK40W

しかし、昨今のLED電球とかは、選ぶのも一苦労。

売り場に行っても一体どれを買えばいいのか・・。

そんな方には、後ほど照明の記事で詳しく記事にしていく予定です。お楽しみに!

次回は、もう一つ照明手法で、メラトニン分泌の抑制を低減=ぐっすり眠る方法をお伝えする予定です。

こちらも期待していてください!

よろしければ応援よろしくお願いします!!

みなさんの応援が記事更新の励みになります!

応援クリックお願いします!

快眠照明アドバイザー快眠照明アドバイザー

ダブルしゅふブログ|育休取得で「主夫」開眼!札幌子育て&家事シェア日記にも遊びにきてください!只今「主夫」真最中!!

光目覚まし時計新商品【 inti4 】インティ・フォー予約受付開始!

朝、起きる時どうしていますか?
「音?バイブ?自然に?」
その起き方、ストレスまで一緒に起こしていますよ。

ストレスなくスッキリ起きるなら光で起きる事が本質です。これは人生を変えてくれるアイテムとしてむしろ安い買い物になりますよ!

Sponsored Link
inti4b